即日融資で最も人気の金融機関は?

即日審査で人気のある金融機関は(現在のところ)プロミスとモビットの二社が最も有名です。もちろん、即日融資のできるローンは他にもありますが、プロミスとモビットは大手銀行系カードローンとして根強い人気があります。特に、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の利用者(口座開設をしている人)の間で広く支持されています。
● 銀行の自動契約機が使える・プロミスとモビット
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の店内に入ると、どちらの銀行にも「カードローンの自動契約機」が置いてあります(設置のない店舗もあり)。ここでは、カードローンの申し込みと審査が受けられ、可決されるとその場で瞬時に契約書とカードが受け取れます。
ただ、これらの契約機は1店舗に1台という場所が多く(申し込みが混む場合)待ち時間も生じます。このためカードローンの申し込みには、自宅からできる「インターネット申し込み」をおすすめしています。
● ネット申し込みについて
インターネット申し込みは、今お手持ちのパソコンやスマートフォンから、好きな時間に好きなタイミングでカードの申し込みができます。契約書の作成に必要な、身分証明書や収入証明書も、スマートフォンのカメラやパソコンのスキャナーが使えるので大変便利です。
この方法であれば、店舗で申し込みをするよりも早く手続きが完了します。また(カードの受け取りのみ)最寄りの店舗を指定しておけば、待ち時間なしでカードが手に入ります。
● 銀行で受け取れるので、人目も気にならない
プロミスとモビットは「銀行でカードが受け取れる」ことで、多くの利用者から喜ばれています。他社の場合、無人契約機に入店しカードを受け取る必要があります。しかし、プロミスとモビットは「銀行カードローン」を契約しているのと全く同じ状況でカードが取得できます。これなら借り入れに抵抗のある方でも、安心してカードの受け取りができるでしょう。
● 審査の時間について
プロミスとモビット、どちらも最短30分から40分で審査が完結し、審査の結果は電話、またはメールで受け取れます。お急ぎの方は、先にインターネット申し込みから始めてみましょう。
モビットの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、さらにスピーディーな審査が受けられます。また、モビットでは「Web完結」と呼ばれるサービスを扱っており、申し込み完了と同時に審査の結果がその場で分かります。
Web完結は面倒な電話でのやりとりが一切なく、収入証明は社会保険証と給与明細票で済ませられます。電話のやりとりが苦手だと言う方は、ぜひ「モビットのweb完結サービス」を利用してみてください。

事故情報は消費者金融のキャッシングに影響をする

消費者金融に申し込みをすると審査が行われます。
その審査の一環として個人信用情報機関への照会が行われていますが,
そこに事故情報があれば消費者金融の審査に通ることはありません。
事故情報とは、異動情報、ブラックとも呼ばれる深刻な状況です。
例えばこのような情報が事故情報として扱われています。
・3か月以上の返済の遅延
・債務整理
・代位弁済
これらには共通点があります。
約束の完済をしなかった、それが共通しています。
返済を確実に行わなかったという履歴は消費者金融にとって大きなリスクを表します。
このまま貸し付けを行ったとしても返済が約束できない、そうなると当然貸し付けることはありません。
つまり審査には通らないということです。